キルカバーのクッションファンデ「アンプルクッション」は崩れにくい?色番02についても紹介します요{韓国コスメレビュー}

韓国のクッションファンデといえばコレ!と日本でも話題のCLIO(クリオ)の「kill cover(キルカバー)」。

キルカバーのクッションファンデにはいくつか種類があるのですが、今回は「アンプルクッション」という、うるツヤ肌タイプを購入しました。

最近テカリよりも乾燥が気になっていて、一昔前まではマット肌が好きだったのですが、今マット肌にすると老けて見えてしまって‥‥

乾燥したパサパサの肌って、シワも目立つし老け顔の原因だと思うんですよ。

ツヤとテカリは紙一重だとは思うけれど、やっぱりツヤ肌の方が健康的だし若々しく見える気がします。

なので最近はもっぱらツヤ重視で、なんならアイシャドウとかもラメがギラギラのものばかり選ぶようになりました(笑)

前まではラメ控えめのマットっぽいのが好きだったのですが!(笑)

‥‥という話は置いておいて。

キルカバーのアンプルクッションには全部で4色あって、私は一番明るい「02 Lingerie(ランジェリー)」を選びました。

それでは早速、

  • キルカバーを使ってみた感想
  • 一番明るい02番Lingerie(ランジェリー)の色味

について詳しくレビューします!

キルカバーのアンプルクッションについて

今回私は、新大久保にある「THE BEAUTY SHOP」というお店で¥3,996(税込)で購入しました!

ケース+クッションファンデと、レフィルがセットで入っています。

キルカバーのクッションファンデは、新大久保にあるコスメショップのほとんどで取り扱っているくらい定番です。

ネット通販だと、韓国コスメ通販のスタイルコリアン、楽天公式ショップで正規品が手に入りますよ。

▼楽天公式ショップ
▼スタイルコリアン

使用感レビュー

カバー力は申し分なく、シミや毛穴をしっかり隠して自然なツヤが出ます。

ただ、付けすぎると厚塗り感が出やすくムラになりやすいので注意!

数時間経過して鏡を見てみると、

akiho

うるツヤ肌タイプのはずなのに、マット肌に変化している。。もう少し保湿力とツヤ感が欲しいけど!?それに、小鼻のキワの崩れ方が汚くて、ほうれい線も目立っている‥‥

という状態に。

ちょっと厚塗りしすぎた&適当に塗り過ぎたのも原因かと思ったので、

スキンケアの段階で念入りに保湿してからさらに保湿重視の化粧下地を塗り、小鼻のキワとほうれい線は薄く付けるようにして念入りにタッピングする!

という方法でリベンジしました。

すると小鼻のキワの崩れがマシになり、ほうれい線も目立たなくなり、乾燥を感じることもなくなりました!

薄く付けることを意識したら、崩れ知らずの自然なツヤ感をキープ!

ということで、

  • 乾燥肌の人は念入りに保湿ケアをするか、保湿力重視の化粧下地を塗ると良い
  • 毛穴やシミのカバーには強いけど、塗り過ぎると小鼻のキワやほうれい線が目立ちやすい
  • 崩れやすい部分は薄付けにし、念入りにタッピングすると綺麗なツヤ感が長持ちする

と思います!

こんな人におすすめ

キルカバーのアンプルクッションは、以下のような人におすすめしたいです。

  • 自然なツヤ感が欲しい
  • 普通肌〜脂性肌
  • コンシーラーを使いたくない

乾燥肌の人は塗る前の保湿が必須になると思うので、単体でも使いやすいのは普通肌〜脂性肌の人なのかなと思います。

普通に塗るだけでも十分なのですが、重ね塗りすることでコンシーラー代わりにもなるくらいカバー力がすごいですよ。

毛穴、シミ、赤み、すべて消し去ってくれます(笑)

色番02(ランジェリー)について

アンプルクッションの中で一番明るい色「02(ランジェリー)」は、店頭ではピンクベージュ、公式ショップページではローズベージュと表記されていました。

既存の色番で言うと21号、黄色味が強くなくピンク寄りの明るい色です。

私は、日本で”明るい色”として売られているものでも暗く、韓国コスメでよくある一番明るい21号でも暗いことがほとんどという驚きの白さで、

あなたに合う色はここにはないと思う。デパートの化粧品売り場で白人向けのを探した方が良い

新大久保のコスメショップの店員さん

とまで言われ‥‥(笑)

首の方が顔よりも白いので、首の色に合わせようとすると明るすぎて色がないっていう状態‥‥

なので、今までは若干暗めの合わない色のファンデーションを使ってきましたが、徹底的に白いファンデーションを探して美白を極めよう!と思い立ち、真っ白いファンデーションを探していたところでした。

キルカバーの色番02(ランジェリー)は、一般的な21号よりも少し明るめかな?という感じで色白肌には嬉しいカラーとなっています。


ここからは、他のクッションファンデと色味を比較してみたので紹介します!

比較したのは、トニーモリーのクッションファンデ「BCデーション+」の一番明るい色(バニラベージュ)です。

BCデーション+は、以前新大久保で¥2,000位で購入したものです。

BBとCCとファンデーションの良いとこ取りをしたクッションファンデーション!

2つを比較してみると、パッと見で分かる黄色っぽいBCデーション、ピンクっぽいキルカバー。

BCデーション黄色いー!


ちなみに、アンプルクッションの4色の違いについては下記のページでよく分かります。

キルカバー何色にしようかな?とお迷い中の人は参考になると思いますよ~

▼全4カラーが写真で詳しく分かるページ
https://blog.naver.com/bllong2/221207055283

以上、キルカバーのアンプルクッションのレビューを紹介しました!それでは。